役に立つカラー複合機比較情報

役に立つカラー複合機比較情報

カラー複合機

インクジェット方式とは

インクジェット方式とは

複合機(コピー機)の中で、最も重要な機能の一つが、本来の基本機能であるコピー、プリント機能です。コピーの品質の良しあしが、そのまま複合機の評価につながります。そして、特にカラー複合機では色の鮮やかさが重要になってきます。

複合機には、インクジェット方式とレーザー方式二種類の印刷方法がありますが、それぞれどんな違いがあるかについて疑問に思われる方がいらっしゃるかもしれません。この記事ではレーザー方式との比較を踏まえ、インクジェット方式の印刷形式について解説いたします。

目次

1、複合機の印刷方法

インクジェット方式とは
複合機にはいくつかの印刷方法があります。
それぞれ長所短所があるため、用途に合った印刷方法の複合機を選びましょう。

①インクジェット方式

インクジェット方式とは、複合機内にセットされたインクをコピー用紙に直接吹き付けることで印刷をする方式です。インクに熱や電圧、圧力などを加えて吹き付けます。

この働きで印刷物の色を鮮やかに表現することが可能です。
よって、カラーイラストやポスターを印刷する場合はインクジェット方式を使った複合機をおすすめします。

また、初期費用が安いため家庭用の複合機としてもよく利用されています。
ただし、インク代やカラー用紙などのランニングコストが高めなので、印刷枚数が多いときにはランニングコストが高くついてしまいます。
鮮やかな表現が必要ないオフィス複合機にはあまりおすすめできないと言えます。

②レーザー方式

レーザー方式とは、レーザー光線で印刷内容を表記して複合機内にセットされたトナーと呼ばれる粉末状の塗料を用紙に吹き付けて印刷する方式です。
文字の表現が得意であり、印刷速度が速いので、文書の大量印刷に適しています。
したがって、オフィスではレーザー方式の複合機が多く導入されています。

しかし、初期費用がインクジェット複合機に比べ高いことや鮮やかな色の表現が難しいといったデメリットが存在します。

2、インクジェット方式のインク放出方法

インクジェット方式とは

インクジェット方式の中にはコンティニュアス型とオンデマンド型に分かれます。さらに、オンデマンド型中にもいくつかの種類があります。

① コンティニュアス型

コンティニュアス型とは、複合機内のノズルから吹き出されるインクを帯電させて偏向電極
と呼ばれる電極でインクを曲げて用紙に吹き付ける方式です。
偏向電極で曲げきれなかったインクは貯蔵タンクに戻され再利用されます。
常にインクを放出している状態なので、乾きやすいインクや粘り気の強いインクを使うことが可能です。

ただし、構造上複合機自体が大型化してしまうため産業用に用途は限られてしまいます。

② オンデマンド型

オンデマンド型とは、印刷に必要な分のインクを放出する方式です。
構造が簡単で小型化が容易であるといったメリットがあるため、一般的に流通しているインクジェットプリンターのほとんどがこの方式を利用しています。

使用できないインクがあることや印刷速度が遅いことがデメリットです。
印刷速度の遅さは複合機の高性能化によって改善されてきています。
オンデマンド型の中にもさらにいくつかの種類があります。

※ピエゾ方式(オンデマンド型)

ピエゾ方式とは、ピエゾ素子と呼ばれる圧電素子を用います。
ピエゾ素子は電圧が加わると収縮する性質をもち、それを利用してインクを噴出させる方式です。
主にエプソンが採用している方式になります。

メリット

  • 電圧でインクを制御するため、高精度の印刷が可能になる
  • 熱を発生させないため、熱に弱いインクを使うことができる
  • 熱による故障の恐れが無い

デメリット

  • インク内に気泡が生じると詰まりやすくなる
  • ピエゾ素子を扱うため構造が複雑になる

※サーマル方式(オンデマンド型)

サーマル方式とは、ヒーターを利用してインク内に気泡を発生させてインクを押し出して噴出させる方式です。
主にキヤノンが採用しています。

メリット

  • 構造がより簡単である
  • 機構が少なく、小型化や高速化が容易である

デメリット

  • インクが熱によって劣化しやすい
  • 熱による故障率が高い

※バルブ方式(オンデマンド型)

バルブ方式とは、ソレノイドを用いてインクを加圧してインクを押し出す方式です。
主に産業用に使われます。

メリット

  • インクの勢いがあり、距離がある程度離れていても問題が無い

デメリット

  • インク粒が大きいため、滲みやすい

オンデマンド型は構造が簡単である・小型化が容易・低価格である。
これらの要素からオフィスでの使用に向いています。

3、インクジェット複合機の印刷方法

インクジェット複合機の印刷方法も主に2種類の印刷方法があります。

① スキャン方式

スキャン方式とは、ヘッド(インクを放出する部分)を用紙に対して横方向に往復させて印刷する方法です。
精細な表現が可能であるため、写真のカラー印刷に向いています。
デメリットは印刷に時間がかかることです。

② シングルパス方式

シングルパス方式とは、ヘッダを固定し、流れてくる用紙に1回で印刷を終える方式です。
スキャン方式のような精細な表現こそ難しく、複合機自体も大型化してしまうのですが、印刷時間が非常に短いため印刷工場での大量印刷に向いています。

4、まとめ

インクジェット複合機の仕組みについてまとめました。
レーザー複合機と違い、インクジェット複合機は資料などの印刷には速度やランニングコストの問題があります。
一方で、初期費用が安い・写真や画像の描写に優れる・コンパクトであるといったメリットがあり、家庭用におすすめです。
また、同じインクジェット複合機でも使われている仕組みが違います。
業務用か個人用かで使う複合機も変わってくるでしょう。。
自分の用途にあった複合機を選びましょう。

Have any Question or Comment?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です